DOWA増収増益も先行きは不透明 業績予想の発表は見送り

会員向け記事
お気に入りに登録

 非鉄大手のDOWAホールディングス(東京、関口明社長)は26日、2020年3月期連結決算を発表した。売上高は前期比7・1%増の4851億3千万円、営業利益は39%増の259億5500万円、純利益は16・1%増の173億9500万円で、増収増益だった。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う業績への影響は限定的としたが、製造する金属の価格下落や自動車向け製品の需要低迷といった影響は徐々に出始めているという。需要の先行きは不透明な状況にあるとして、21年3月期の業績予想の発表は見送った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 725 文字 / 残り 482 文字)

秋田の最新ニュース