集まったマスク1600枚 商店街組合、小学校などに橋渡し

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
通町商店街振興組合に寄せられたマスク。手紙を添えたものもあった
通町商店街振興組合に寄せられたマスク。手紙を添えたものもあった

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、家庭で不要なマスクを福祉施設などに橋渡ししている秋田市保戸野の通町商店街振興組合に1600枚余りのマスクが集まった。このうち約910枚を市内3カ所に贈っており、今後も順次寄贈する。

 マスクは商店街の各店舗で受け付け、インターネットでも募集。県内外から使い捨てマスクや手作りの布マスクなどが寄せられ、中には思いをつづった手紙を同封しているものもある。

(全文 636 文字 / 残り 443 文字)