地震、どんな心構え必要か 秋田大・鎌滝准教授に聞く

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 日本海中部地震の経験を踏まえ、私たちはどんな心構えを持っておくべきなのか。秋田大地方創生センターの鎌滝孝信准教授(地質学)に聞いた。

 ―日本海中部地震で犠牲者の多くは海や海岸にいた人たちだったが、海から離れた農作業中の人らも津波で命を落とした。

 「低地になっている河口周辺に津波が流れ込み、川の周りで被害が広がった可能性がある。地震の際、川が危ないというイメージはしにくいかもしれないが、川の近くはほかの場所に比べて危険性が高くなる。川からも離れるべきだ」

(全文 913 文字 / 残り 684 文字)