NHそれぞれの思い:前田健滋朗AC「もっと強いチームになれる」【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します

 幼い頃から能代工高のオールコートで当たる、がむしゃらなバスケットボールが好きだったという前田健滋朗アシスタントコーチ(AC)。強度の高いディフェンスを徹底させるA東京のパビチェビッチヘッドコーチ(HC)の下でコーチングスタッフを務めた過去もあり、守備を重視する秋田のバスケには可能性を感じているという。

 昨季はオーストラリアのプロリーグNBL所属のメルボルン・ユナイテッドでACを務めた。欧州のリーグなども視察し、「世界にはいろいろなバスケがあることを目の当たりにした。秋田のバスケが独特とは思わない。いいバスケをしているな、という印象だった」と語る。

※文末にウェブ限定インタビュー

(全文 1536 文字 / 残り 1244 文字)

この連載企画の記事一覧