新スタジアム「それどころでない」知事見解、コロナで後回し

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

 サッカーJ3・ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の本拠地となる新スタジアム整備構想について、秋田県の佐竹敬久知事は27日、「今はコロナでそれどころではない」と述べ、後回しにせざるを得ないとの考えを示した。

 佐竹知事は県議会自民党会派との県政協議会で、新型コロナウイルス感染症の影響で税収低下が見込まれるとして、「来年度以降の予算編成は厳しくなる」と指摘。「県民の細かなサービス要求は後回し。災害対策や医療福祉といったベーシックな行政需要への対応が中心になる」と語った。

(全文 745 文字 / 残り 512 文字)