プレミアム宿泊・飲食券 「自粛ムード緩和を」と知事

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県政協議会で新型コロナ対策の補正予算案を説明する佐竹知事
県政協議会で新型コロナ対策の補正予算案を説明する佐竹知事

 新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが大きく落ち込む宿泊・飲食業界を支援するため、県は総額73億円分のプレミアム券を発行する。27日に発表した補正予算案の目玉事業だ。苦境が続く宿泊施設や飲食店からは早くも期待の声が上がる。県民の地元消費を促し、佐竹敬久知事が唱える「県内循環」の実現にどこまでつながるのか、実効性が注目される。

 県境をまたいだ移動に一定の制限が続く中、県民による県内消費を促すのが今回の経済対策のポイントだ。佐竹知事は「何となく飲みに行ったり、旅行に行ったりしにくい雰囲気がある。自粛ムードが緩むような効果を生み出したい」と強調する。

(全文 1067 文字 / 残り 789 文字)