秋田県のプレミアム券 宿泊5割、飲食は3割お得

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は27日の県議会産業観光委員会で、2020年度一般会計補正予算案に関連経費を盛り込んだプレミアム宿泊・飲食券の詳細を明らかにした。宿泊券は5割、飲食券は3割を助成。6月中旬には販売を始め、対象施設・店舗で使えるようにする。

 宿泊券は5千円分を2500円、飲食券は千円分を700円でそれぞれ販売する。発行枚数は宿泊券が40万枚、飲食券が533万枚。いずれも県内在住者に限り、1人当たり宿泊券が5枚まで、飲食券が12枚まで購入できる。

 発行事業はJTB秋田支店に委託する。5月末から6月初旬にかけてプレミアム券を使える宿泊施設・飲食店を募集し、県民向けの広報活動を始める。

(全文 557 文字 / 残り 269 文字)