ノーザンブレッツ松橋HC 弾丸ラグビーで上位狙う

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 社会人ラグビーの秋田ノーザンブレッツ(NB)は、松橋健FWコーチ(39)が今季からヘッドコーチ(HC)に昇格しチームづくりを進めている。現役時代は第1列として秋田工高、東芝府中と名門でもまれ、秋田NBでは主将を務めた新指揮官が目指すのは、攻守にスピーディーで力強い「弾丸ラグビー」。Bクラスが続くトップイーストリーグでの上位浮上を狙う。

 防御網をパワフルな突破や、パスを駆使してこじ開ける。ディフェンスでは鋭い出足で飛び出し相手を倒す。松橋HCが掲げる弾丸ラグビーだ。「アタックでもディフェンスでも弾丸のように向かっていく。チーム一丸で激しく戦う姿を見せて、わくわくする、ファンの喜ぶ試合をしたい」と思い描く。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1092 文字 / 残り 785 文字)

秋田の最新ニュース