中央競馬、6月も無観客で開催 騎手、競走馬の移動制限など解除

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
無観客で開催された高松宮記念=3月29日、中京競馬場
無観客で開催された高松宮記念=3月29日、中京競馬場

 日本中央競馬会(JRA)は28日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、6月6日から28日まで引き続き無観客で開催すると発表した。東京、阪神に加え、13日からは函館でも開催。安田記念(7日・東京)と宝塚記念(28日・阪神)を含め、これで3月以降の春のG1レースはすべて無観客となった。

 JRAは2月29日から無観客での開催に踏み切り、期間を延長しながら5月31日までの無観客競馬の継続を発表していた。政府の緊急事態宣言解除を受け、宣言発令後から設けていた騎手、競走馬の東西の移動制限などは6月から実施しない。