巨人、オークション第3弾 新型コロナで医療機関を支援

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
巨人の原監督サイン入りTシャツと色紙(球団提供)
巨人の原監督サイン入りTシャツと色紙(球団提供)

 巨人は28日、新型コロナウイルス感染症に対応する医療機関などを支援するため、原辰徳監督とコーチの首脳陣26人の直筆サイン入りTシャツ26着をオークションサイト「ヤフオク!」に出品したと発表した。原監督はサイン色紙とセットになっている。これまで投手35人、野手33人が出品したチャリティー企画の第3弾で、今回は6月1日午後11時まで行われる。

 売上金は「東京コロナ医療支援基金」を通じて医療機関などのマスク調達や医療従事者の増員などの費用に充てられる。詳細は球団公式サイトで。