地元バンド支えた『ライスポ』31日閉店 「鴉」ら輩出

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「多くの出会いがあり楽しかった」と語る岩谷さん
「多くの出会いがあり楽しかった」と語る岩谷さん

 秋田市中通のライブハウス「秋田LIVESPOT2000」が31日に閉店し、20年余りの歴史に幕を下ろす。プロのミュージシャンが数多く公演したほか、地元バンドの修練の場としても親しまれてきた。同店で活動を始め、2009年にメジャーデビューしたロックバンド「鴉(からす)」の近野淳一は「若手を育ててくれる心強い存在だった。地元のライブハウスが減るのはとても残念」と惜しんだ。

 オーナーの岩谷支子(さえこ)さんによると、入居するビルの取り壊しが決まり、移転せず店を畳むことにした。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、3月以降の公演は全て中止に。「直接お別れを伝える機会を設けることができなかったが、関わってくれた人たちに感謝の思いでいっぱい」と語る。

(全文 1095 文字 / 残り 771 文字)