秋田の新ブランド米、名称公募に25万893件 県が発表

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
集計結果を確認する担当者。手前は応募ハガキの一部=29日、秋田市中通のジェイアール東日本企画秋田支店
集計結果を確認する担当者。手前は応募ハガキの一部=29日、秋田市中通のジェイアール東日本企画秋田支店

 2022年度の市場デビューを目指す秋田県オリジナル新品種米「秋系821」の名称について、県は29日、最終的な応募総数が25万893件に上ったと発表した。県が当初目標としていた5万件の5倍超となった。

 公募は、県が4月7日~今月17日に実施。締め切り翌日に発表した速報値21万7641件から3万件超増えた。

 県秋田米ブランド推進室によると、応募総数はコメの名称公募では全国最多。約8割が専用ウェブサイトからの応募で、残りはメールやハガキ、ファクス、応募用紙だった。一度に100件以上の名称案を応募する人もいたという。

(全文 555 文字 / 残り 297 文字)