コロナ死者数を2倍以上に修正も モスクワ市、国際基準採用

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
19日、モスクワにある新型コロナウイルス対応の医療施設の外で、救急隊員に担架で運ばれる女性(タス=共同)
19日、モスクワにある新型コロナウイルス対応の医療施設の外で、救急隊員に担架で運ばれる女性(タス=共同)

 【モスクワ共同】モスクワ市保健局は28日、市内での4月の新型コロナウイルス感染による死者数を当初の636人から2倍以上の1561人に上方修正する可能性があると明らかにした。ロシア保健省が、世界保健機関(WHO)などの国際基準に依拠した新たな死因の判定方法を採用したためだとしている。

 感染者数が世界3位の規模の割に少なすぎると指摘されているロシアの死者数が今後、大幅に上方修正される可能性がありそうだ。

 米紙と英紙は今月中旬、4月のモスクワ市の死者総数が過去5年の平均を1700人以上も上回ったにもかかわらず、新型コロナ感染による死者数が少ないと指摘した。