陰性確認後も14日間の自宅待機 プロ野球、コロナ対策で検討

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 プロ野球が無観客で開催する公式戦での新型コロナウイルス対策のガイドラインとして、PCR検査で陽性となった場合は陰性が確認できてから14日間、自宅待機とすることや、濃厚接触者と判定される可能性があるときは速やかにチームから離れることなどを検討していることが29日、球界関係者への取材で分かった。セ、パ両リーグは6月19日から当面、無観客試合として行われる。

 同居家族が陽性となった場合も14日間の自宅待機となる見通し。PCR検査で陰性となったり、医師に検査が必要ないと判断されたりした場合も、本人や同居家族が体調不良を訴えれば7日間の自宅待機となるとみられる。