看護師を懲戒解雇、患者の現金窃盗疑い 市立秋田総合病院

お気に入りに登録

 秋田市の市立秋田総合病院は29日、患者や同僚から現金を盗んだ疑いで逮捕、起訴された同病院の女性看護師(40)を26日付で懲戒解雇したと発表した。

 同病院は、女性看護師が1月9日、外来の待合室に置かれた患者のかばんを持ち去り、財布から現金7千円を盗んだほか、同14日には同僚看護師の現金8千円入りの財布(時価1万円相当)を盗んだとした。聞き取りに対して事実関係を認めたという。

(全文 383 文字 / 残り 195 文字)