シンガー・ちさとさんと秋田犬、歌で感染予防PR 動画公開

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田犬と触れ合う場面を撮影する大川さん(大川さん提供)
秋田犬と触れ合う場面を撮影する大川さん(大川さん提供)

 秋田県大館市のシンガー・ソングライター大川ちさとさん(21)が新型コロナウイルスの感染拡大防止を秋田犬と共に呼び掛ける歌が、動画投稿サイト「ユーチューブ」のチャンネル「秋田犬ふれあい隊in秋田犬の里」で公開されている。

 「大切な人を守れるように ひとりひとりができることを今」―。大川さんが歌うのは、自身が作詞作曲した「OBTのうた~stay house~」。「OBT」は「おうち防衛隊」の略で、感染予防は地球を救うことにつながるというメッセージを軽快なメロディーに乗せた。

 市が運営する観光交流施設「秋田犬の里」のスタッフが大川さんに出演を依頼し、動画を制作。大川さんは今月15日、JR大館駅前にある同施設でギターを手に弾き語りしたり、秋田犬と触れ合ったりする様子を撮影した。

(全文 531 文字 / 残り 191 文字)