コメ直播、大仙で増加中 背景に農地集積、収量安定へ勉強会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大仙市内の農家らが参加した最新播種機の実演会
大仙市内の農家らが参加した最新播種機の実演会

 コメの種もみを直接田んぼにまく「直播(ちょくはん)」栽培に取り組む農家が秋田県大仙市で増えている。農作業の手間を省略しコスト削減も期待できるが、栽培管理が難しく収量が不安定な面もある直播栽培。課題克服へ向け、今月中旬には、新型の播種機を使った勉強会が行われた。

(全文 951 文字 / 残り 820 文字)