乗り鉄日和~行き当たりばったり 春の由利鉄編(下)【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

 午前11時55分、列車は定刻通り矢島駅を出発した。しかし、SDカードを入手しなければ取材は進められない。もはや、車窓を楽しむどころではなくなってしまった。

 考えられる手段は二つ。一つは、羽後本荘駅まで戻ってSDカードを入手し、折り返しの列車で前郷駅へ向かう。ただし、取材の待ち合わせ時間には到底間に合わなくなる。

 もう一つは前郷駅、もしくはなるべくその近隣の駅で降り、SDカードが売っている店を探す。


 そう都合良く店が見つかるかとも思ったが、幸いにも曲沢より一つ先の黒沢駅の近くにコンビニエンスストアがあるのをスマホの地図アプリで見つけた。黒沢駅から前郷駅までは徒歩30分程度。これなら何とかギリギリで間に合う。道に迷ったらアウトだが…。

黒沢駅ホームのすぐ近くに立つ立派な松=2020年5月9日午前10時56分ごろ


 午後0時21分、不安を抱きながら黒沢駅を降りる。行きの列車では駅前に立つ松の姿が立派だ、と思っていたが、この時点では写真撮影する余裕も失っていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 2448 文字 / 残り 2054 文字)

秋田の最新ニュース