サッカー、鎌田2試合連続ゴール ドイツ1部、チームの勝利に貢献

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ウォルフスブルク戦の前半、競り合うEフランクフルトの鎌田(左)=ウォルフスブルク(共同)
ウォルフスブルク戦の前半、競り合うEフランクフルトの鎌田(左)=ウォルフスブルク(共同)

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグで30日、アイントラハト・フランクフルトの鎌田大地がアウェーのウォルフスブルク戦に先発して試合終了間際までプレーし、1―1の後半40分に決勝点を挙げ、2―1の勝利に貢献した。2試合連続ゴールで、今季2点目。同僚の長谷部誠はフル出場した。

 ブレーメンの大迫勇也は1―0で勝ったシャルケ戦に途中出場し、後半ロスタイムに退いた。