巨人の大城、豪快な本塁打 正捕手へ前進

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
紅白戦の4回、右越えに本塁打を放つ巨人・大城=東京ドーム
紅白戦の4回、右越えに本塁打を放つ巨人・大城=東京ドーム

 巨人の大城卓三捕手が31日、東京ドームで行われた紅白戦で、豪快なソロ本塁打を放ち、正捕手へまた一歩前進した。個人練習期間中も屋外で打撃練習に励んだことが生き「思ったよりすんなり(試合に)入れた。ファーストストライクを思い切り振れたのが良かった」と満足そうに話した。

 7イニング制の2試合目の四回1死で、1ボールからサンチェスの高めの速球を右翼席中段へ運んだ。守備でもテンポよくサインを出して田口、桜井、メルセデスの3投手を好リードし得点を許さなかった。

 バックネット裏で試合を見守った原監督は「体も大きくなった。可能性はすごく大きく見える」と頬を緩めた。