県境をまたぐ移動、自粛要請を緩和 感染状況見ながら徐々に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は1日から、県境をまたぐ移動の自粛要請を段階的に緩和する。新型コロナウイルスの感染が比較的抑えられている41府県について、出張や帰省での行き来を容認。観光は18日まで県内のみとするよう求め、感染状況を見ながら徐々に認める方針。

 最後まで緊急事態宣言の対象となった5都道県(北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川)への不要不急の移動は、18日まで避けるよう求めている。19日以降であれば「差し支えない」としている。

(全文 452 文字 / 残り 245 文字)