つながる力:東京の和光中学校 学習旅行40年超、窮状知り支援金

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「秋田学習旅行」でわらび座劇団員(右)から踊りを習う和光中学校の生徒=2019年9月(同校提供)
「秋田学習旅行」でわらび座劇団員(右)から踊りを習う和光中学校の生徒=2019年9月(同校提供)

 「秋田のわらび座が大変なことになっている。何とかしなければ」

 3月13日、東京都町田市の私立和光中学校で緊急の会議が開かれた。1977年から毎年行っている秋田学習旅行の受け入れ先、わらび座(仙北市田沢湖卒田)が新型コロナウイルスの影響で窮状に陥っていることを知り、対応を話し合うためだった。

 きっかけは、同校に届いた1通の手紙。差出人は同校の卒業生で、わらび座俳優の渡辺哲さん(57)だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1496 文字 / 残り 1299 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース