千秋公園にクマ? 目撃情報で一時騒然

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
クマの目撃情報があり、入場を規制した秋田市の千秋公園=1日午後0時43分
クマの目撃情報があり、入場を規制した秋田市の千秋公園=1日午後0時43分

 千秋公園にクマか―。秋田市中心部の顔とも言える憩いの場で1日午前、クマのような動物が目撃されたとの情報が県警に寄せられた。関係機関は警戒や確認作業に追われ、現場は一時騒然となった。ただ、これまでにクマの存在を示す手掛かりは見つかっていない。

 秋田中央署によると、午前8時ごろ、千秋公園北側の久保田城御隅櫓(おすみやぐら)に近い散策路を歩いていた市内の30代男性が「クマのような動物を見た」と110番。体長1メートルほどの茶色っぽい毛の動物が動くのを目撃したという。

 市は午前9時ごろから公園の入場を規制。市立中央図書館明徳館側の入り口にはバリケードが置かれ、その脇にパトカーが待機する物々しい雰囲気の中、警察官が訪れた人に引き返すよう声を掛けていた。

(全文 801 文字 / 残り 475 文字)