こまちで久々の県外出張へ 移動自粛を緩和

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JR秋田駅の新幹線改札口を通過する人=1日午前11時ごろ
JR秋田駅の新幹線改札口を通過する人=1日午前11時ごろ

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が全面解除されたことを受け、県は1日、県境をまたぐ移動の自粛要請を1カ月半ぶりに緩和した。JR秋田駅では、秋田新幹線こまちを利用して出張に向かう人の姿が見られた。

 JR秋田支社の広報担当者によると、この日のこまちの乗客は自粛要請の緩和前と比べて多い印象だった。

 秋田市土崎港の会社員児玉善文さん(42)は、約2カ月ぶりの県外出張で仙台市に向かった。「移動が緩和されて助かった。マスクの着用を忘れず、相手に不快感を与えないようにしたい」と張り切っていた。

(全文 547 文字 / 残り 302 文字)