手術前にPCR検査 秋田大病院が独自にコロナ対策

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県で唯一、高度医療を担う特定機能病院に承認されている秋田大医学部付属病院(秋田市)は1日、手術前に新型コロナウイルス感染を調べる独自のPCR検査を始めた。院内感染を防ぐのが狙い。

 秋田大病院によると、手術前のPCR検査は、無症状の患者から、医療従事者に感染するのを防ぐのが主な目的。他の入院患者への感染拡大防止にもつながる。

(全文 443 文字 / 残り 278 文字)