全口座とマイナンバー連携を検討 政府が活用策、法改正も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見する菅官房長官=1日午後、首相官邸
記者会見する菅官房長官=1日午後、首相官邸

 菅義偉官房長官は1日の記者会見で、全ての預貯金口座とマイナンバーのひも付けの義務化を、関係省庁で検討する考えを明らかにした。マイナンバー活用策の一環で「相続や災害の際の負担軽減などのため」と説明し、関連法改正に向けて年内に議論する考えを示した。

 マイナンバーとのひも付けが実現すれば、災害時の給付金支給などで、自治体が口座を把握したり、口座情報を金融機関に照会したりする手間が省ける。一方で政府が国民の資産状況を把握しやすくなり、監視が強まることに対して懸念する声も出そうだ。