キャッスル能代、8月末に閉館へ 地域経済への影響危惧

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
8月末に閉館するキャッスルホテル能代=能代市元町
8月末に閉館するキャッスルホテル能代=能代市元町

 秋田県・能代山本地域を代表する総合催事場として知られる、能代市元町のキャッスルホテル能代が8月末に閉館することが1日、分かった。運営元のへいあん秋田(秋田市)は閉館の理由について「施設の老朽化に加え、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う利用者の減少も理由の一つ」と説明した。

 同ホテルは新型コロナの感染拡大による政府の緊急事態宣言を受け、4月18日から5月31日まで休業していた。

 ブライダルと宴会の2部門は1日に再開したが、8月末までに全ての業務を終える。宿泊とレストランは再開せず営業終了とした。敷地内にあるデイサービス施設「シャングリラ」のみ継続する。

(全文 1069 文字 / 残り 790 文字)