秋田宮城の3人、損保ジャパン提訴 社債の代金返還求める

お気に入りに登録

 損保ジャパン日本興亜(現損保ジャパン、東京)の代理店業務を受託していた秋田市の「サクラエージェンシー」から購入した社債の代金返還が受けられないとして、秋田、宮城両県の男女3人が、損保ジャパンに損害賠償金7700万円を求める訴訟を秋田地裁に起こしたことが1日、分かった。

 損保ジャパン広報部は取材に「個別の事案になるので、今の段階では答えられない」としている。

(全文 435 文字 / 残り 255 文字)