小中学生へのタブレット配布前倒し 秋田市、本年度中に計2万台

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所(資料写真)
秋田市役所(資料写真)

 秋田市は1日、市議会6月定例会に提出する総額20億5612万円の2020年度一般会計補正予算案を発表した。新型コロナウイルスの影響を受け、来年度中に終えるとしていた小中学生へのタブレット端末配布を前倒しして行うための費用9億1379万円を計上した。

 市は文部科学省の「GIGAスクール構想」に基づき、市立小中学校の情報通信技術(ICT)環境の整備を進めている。タブレット端末は来年度末までに児童生徒1人に1台を用意する方針だった。

(全文 655 文字 / 残り 439 文字)