「自分次第で道は開ける」 五輪バレー利部さん、母校で講話

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
母校の太平中学校で講話する利部さん
母校の太平中学校で講話する利部さん

 1984年のロサンゼルス五輪女子バレーボールで銅メダルを獲得した、秋田市太平出身の利部陽子さん(59)が1日、母校の太平中学校で講話し「自分次第で道は開ける」と一生懸命取り組むことの大切さを話した。全校生徒11人を含む、地域住民ら約20人が聴いた。

 利部さんは「夢を実現するために大切なこと」と題して選手生活を振り返った。日本代表の座を得るため、毎日の練習で得意のサーブを磨いたと語り「自分のできることを精いっぱいやり遂げることが大切だ」と語った。

(全文 429 文字 / 残り 204 文字)