ホテルクラウンパレス秋北 休館延長、従業員は解雇

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスの影響で4月から休業していた秋田県大館市片町の「ホテルクラウンパレス秋北」が、当初予定の7月に営業を再開せず、さらに1年以上休業することが2日分かった。運営会社によると、施設や設備の老朽化に伴い大規模改修が必要という。従業員約45人には1日に今月末での解雇を通告した。

 運営会社のホテルマネージメントインターナショナル(東京、HMI)広報部によると、休業中に施設や設備を点検したところ、築50年近い地上12階建ての建物全体の老朽化が激しく、大規模改修が必要と判断した。「調査、立案を含め、改修には少なくとも1年はかかるだろう」としている。休業が長期になることから、従業員の雇用継続は困難として解雇に踏み切った。正社員は34人。

(全文 723 文字 / 残り 400 文字)