G7へのロシア招待構想を伝達 米大統領、プーチン氏に

お気に入りに登録

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領とトランプ米大統領は1日、電話会談した。ロシア大統領府によると、トランプ氏は先進7カ国首脳会議(G7サミット)にロシア、オーストラリア、インド、韓国の4カ国を招待する構想を伝達した。プーチン氏がどのように応じたかは不明。

 両首脳は、戦略的安定性や軍事分野での信頼醸成に関する対話の重要性を指摘した。また米ロ首脳の積極的な後押しによって石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国が5月1日から開始した原油協調減産は、需要回復や価格安定に導いていると評価した。