英国とカナダ、ロシア招待に反対 G7サミットの米提案巡り

お気に入りに登録

 【ニューヨーク、ロンドン共同】英国とカナダは1日、トランプ米大統領が表明した先進7カ国首脳会議(G7サミット)へのロシア招待の構想に反対する考えをそれぞれ表明した。

 カナダのトルドー首相は、2014年にロシアがウクライナ南部クリミア半島を一方的に編入したことを念頭に「ロシアが国際法を軽視し続けていることがG7に参加できない理由であり、今後も加わることはないだろう」と主張。ジョンソン英首相の報道官もロシアのG7復帰に不支持を表明。ただ、サミット議長国が招待国を決めるのが通例となっているとして米側の提案を見極めるという。英メディアが伝えた。