能代市が独自のプレミアム付き商品券 学生には給付金

お気に入りに登録

 秋田県能代市は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた総額約3億1千万円の経済支援策第2弾を発表した。市内での消費を促すため、小売店や飲食店などで使えるプレミアム付き商品券を発行するほか、市出身の大学・短大・専修学校生、大学院生に1人5万円、市内在住の高校2~3年生に2万円を給付する。9日開会の市議会6月定例会に関連予算案を提出する。

 プレミアム付き商品券は、1セット1万円で1万3千円分購入できる。1世帯当たり3セットを上限とし、5万7600セットの販売を見込む。能代商工会議所と二ツ井町商工会で8月の販売開始を目指す。対象店舗は検討中だが、市は「できる限り幅広く募集する」としている。

(全文 577 文字 / 残り 280 文字)