男鹿に宿泊する県民に5千円助成 県のプレミアム券と併用可

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
感染予防のため宿泊客向けに作成したポスターを手にする齊藤さん=男鹿市北浦湯本の男鹿萬盛閣
感染予防のため宿泊客向けに作成したポスターを手にする齊藤さん=男鹿市北浦湯本の男鹿萬盛閣

 秋田県男鹿市は今月、新型コロナウイルス感染拡大で影響を受けている市内のホテルや旅館を支援しようと、市民向けに行っていた宿泊費助成の対象を県内に住む人に拡大した。1泊につき1人最大5千円を助成し、何度でも利用できる。既に予約や問い合わせがあり、観光関係者は「多くの県民に男鹿を楽しんでもらいたい」とPRする。

 市が緊急宿泊支援事業として行っている。利用者が宿泊施設を予約する際、助成の利用を伝えると精算時に代金から助成額が差し引かれる。県が発行するプレミアム付き宿泊券などと併用できる。

(全文 798 文字 / 残り 555 文字)