ホストタウン美郷町、タイのバド選手へビデオメッセージ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
バドミントンを教えてもらった感謝の気持ちを伝える町スポ少団員
バドミントンを教えてもらった感謝の気持ちを伝える町スポ少団員

 新型コロナウイルスの影響で東京五輪・パラリンピックの開催が来年に延期されたことを受け、タイのホストタウンに登録されている秋田県美郷町は、同国のバドミントン代表を励ますビデオメッセージを収録した。町内のバドミントン選手などが寄せた言葉を10分ほどにまとめ、今月中旬にもタイ代表へ送る予定。

 タイ代表の練習会場となっている町総合体育館リリオスで撮影。タイのファンクラブ「プーアン」会員や児童生徒のバドミントン選手、北都銀行バドミントン部員など約90人が参加した。
 全員が集合し、タイ語で頑張れを意味する「スースーナ」と声を上げて拳を突き上げた。この後、団体ごとに撮影を行い、タイの選手たちに呼び掛けを行った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 613 文字 / 残り 310 文字)

秋田の最新ニュース