見えるかな?鳥海山の「パンダ」 初夏を告げる雪形

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鳥海山の中腹に浮かび上がる「パンダ」の顔のような雪形
鳥海山の中腹に浮かび上がる「パンダ」の顔のような雪形

 鳥海山(2236メートル)を秋田県にかほ市内から望んだ中腹、7合目付近に、今年もパンダの顔のような雪形が浮かび上がった。気温が上がり雪が解けたことでできる雪形が、初夏の訪れを告げている。

 パンダの雪形は、同市平沢や冬師周辺からよく見ることができる。露出した山肌が黒い垂れ目模様や丸い鼻、口のように見える。例年、6月下旬ごろまで観察できる。

(全文 319 文字 / 残り 149 文字)