ホンダ、中国販売は1・7%減 5月、マツダは大幅増

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中国・武漢にあるホンダの自動車工場=5月(共同)
中国・武漢にあるホンダの自動車工場=5月(共同)

 【北京共同】ホンダが3日発表した中国市場での5月の新車販売台数は、前年同月比1・7%減の13万4230台だった。4カ月連続のマイナスだが、新型コロナウイルスによる落ち込みから立ち直り、前年並みの水準に戻した。マツダは前年同月比31・6%増の2万2886台と大きく伸ばした。

 ホンダは主力セダン「シビック」や、スポーツタイプ多目的車(SUV)が売れた。二つの現地合弁のうち、広東省広州市を拠点とする「広汽本田汽車」は前年実績をわずかに上回り、湖北省武漢市の「東風本田汽車」が届かなかった。

 マツダは5月の連休の客足が良く、「マツダ3」などがけん引した。