三重県が性的指向暴露禁止の条例 年度内に制定、市町によって差

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者団の質問に答える三重県の鈴木英敬知事=3日午後、三重県庁
記者団の質問に答える三重県の鈴木英敬知事=3日午後、三重県庁

 三重県の鈴木英敬知事は3日、性的指向や性自認を本人の了解なく第三者に暴露する「アウティング」やカミングアウトの強制を禁止する条例を2020年度内に制定する考えを示した。県庁で記者団の質問に答え、狙いについて「アウティングで命を奪う可能性があることを県民全体に理解してほしい」と述べた。

 行政による性的少数者への支援に関し、各市町によって差があると指摘。条例制定によって「県全体の取り組みを加速していきたい」と強調した。

 県は8月にもLGBTなど性的少数者の当事者も含めた有識者会議を設置し、罰則規定を入れるかどうかなど詳細を検討する。