原油の協調減産延長で合意か サウジとロシア、条件付き

お気に入りに登録

 【ロンドン共同】ロイター通信は3日、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国による協調減産の取り組みを主導するサウジアラビアとロシアが、6月末までの予定の日量計970万バレル削減を1カ月延長することで合意したと報じた。原油価格の下支えを目的とした減産が不十分な国が取り組みを強化することを条件としている。

 協調減産に参加するOPECプラスは、当初の予定を前倒しして4日にも遠隔で閣僚級会合を開き、新たな方針を決めたい考えだ。ロイターによると、5月に減産目標を順守できなかった参加国に対し、今後数カ月で未達成分を埋め合わせるよう求めることを検討している。