JA秋田やまもと組合長、理事候補者に進退迫る

会員向け記事
お気に入りに登録

 先月26日に行われたJA秋田やまもと(本店秋田県三種町)の次期組合長候補者の選挙を巡り、米森萬壽美組合長(70)が投票権を持つ理事候補者の3人に白票を投じるよう依頼し、応じなかった女性1人に進退の判断を迫っていたことが3日、分かった。女性は理事候補者の辞退届を提出したが、現職理事らは選挙への不当な介入と問題視。米森組合長が同日、陳謝し、女性は辞退届を撤回した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 881 文字 / 残り 699 文字)

秋田の最新ニュース