天安門事件31年、中国厳戒警備 追悼や抗議を抑え込む、武漢でも

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
事件から31年を迎えた、現場となった天安門広場=4日、北京(共同)
事件から31年を迎えた、現場となった天安門広場=4日、北京(共同)

 【北京共同】中国共産党・政府が民主化運動を武力弾圧した1989年の天安門事件から4日で31年を迎えた。習近平指導部は犠牲者の追悼や抗議活動を抑え込み、事件の再評価を拒否。現場となった北京の天安門広場付近や、新型コロナウイルス感染症対応への不満がくすぶる湖北省武漢市で、武装警察や公安当局者が厳戒警備を敷いた。

 感染症の世界的流行や香港の抗議デモへの強硬姿勢により、国際社会の中国指導部に対する懸念は天安門事件後と同程度まで強まっているとの指摘もある。中国外務省報道官は3日、「中国が選んだ発展の道は完全に正しかった」と述べ、武力鎮圧した当時の判断を正当化した。