香港、天安門の追悼強行 市民1万人、安全法に反発

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
4日、香港中心部のビクトリア公園でろうそくを手に天安門事件の犠牲者を追悼する人たち(ロイター=共同)
4日、香港中心部のビクトリア公園でろうそくを手に天安門事件の犠牲者を追悼する人たち(ロイター=共同)

 【香港共同=太安淳一】中国が民主化運動を武力弾圧した1989年の天安門事件から31年の4日、香港中心部のビクトリア公園で、集まった市民らが事件の犠牲者を追悼し、中国が香港への導入を決めた国家安全法制への反対を訴えた。毎年恒例の大規模な追悼集会は新型コロナウイルス対策で警察が禁止したが、市民らは事実上集会を強行した。香港メディアによると、参加者は1万人以上に上った。1月の新型コロナ感染拡大以降、最大規模の抗議活動とみられ、同法制導入に対する市民らの反発の大きさを示した。

 香港立法会(議会)は4日、中国国歌の侮辱を禁じる国歌条例案を可決した。