マスク徐々に店頭で見かけます 県内、価格も落ち着きの兆し

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
店頭には複数種類のマスクが並んでいる=秋田市保戸野通町の佐野薬局通町本店
店頭には複数種類のマスクが並んでいる=秋田市保戸野通町の佐野薬局通町本店

 新型コロナウイルスの影響で入手困難な状況が続いていたマスクが、秋田県内でも小売店などに出回り始めている。高騰していた価格もかつてほどの安価ではないが、落ち着きつつある。

 5枚入り450円、10枚入り600円、50枚入り2500円。秋田市保戸野通町の佐野薬局通町本店には、サイズや値段の異なるマスクが並ぶ。店内で買い物中の客も慌てて手に取る様子はない。店によると、5月の連休明けごろから安定的に店頭に並ぶようになったという。