社長が経費立て替え・三セク岩城 経営改善へ抜本策打てず

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
経費立て替え問題が発覚した由利本荘市の第三セクター・株式会社岩城が運営する「道の駅岩城」
経費立て替え問題が発覚した由利本荘市の第三セクター・株式会社岩城が運営する「道の駅岩城」

 秋田県由利本荘市で道の駅岩城などを運営する市の第三セクター・株式会社岩城の金森俊彦社長(68)が経費の不足分を私費で一時立て替えしていたことが5月に発覚した。公共性のある組織として不適切な会計手法を続けていた背景には、経営難への抜本的な対策が行われず、大株主である市との連携も不十分だったことがある。