時代を語る・小川健吉(15)仕事は町民のために

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昭和63年当選の十文字町議会議員ら(後列左から5人目)
昭和63年当選の十文字町議会議員ら(後列左から5人目)

 昭和63(1988)年3月の十文字町議選は、定数22のうち新人が10人も当選しました。農協の青年部長を務めた人や学校の先生を退職した人、政党関係者など、それなりの場数を踏んできた方々です。何の経験もないのは俺だけでした。

 議会のことも、町政のこともさっぱり分からない。最初に議案を採決した時、隣の先輩議員に「すみません。この議案に賛成したらいいか、反対したらいいか教えてください」とお願いしてしまいました。先輩が手を挙げたので、俺も挙げました。いいかげんですよね。

(全文 745 文字 / 残り 512 文字)

この連載企画の記事一覧