疫病神におわび文書かせる? にかほで逸話に基づく証書展示

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
展示されている「仁賀保金七郎疫病神詫び証文」
展示されている「仁賀保金七郎疫病神詫び証文」

 秋田県にかほ市平沢の斎藤宇一郎記念館は、現在の同市平沢から院内、小出一帯を統治していた仁賀保氏が疫病神におわび文を書かせた逸話に基づく「仁賀保金七郎疫病神詫(わ)び証文」を展示している。同館の担当者は「新型コロナウイルスの感染拡大で不安な今こそ、疫病を乗り越えようとする江戸時代のユーモアを見てほしい」と話す。新型コロナウイルスの流行が懸念される間、当面展示する。

(全文 571 文字 / 残り 388 文字)