離陸準備、整いました! わらび座、3回の延期経て新作

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
6日、初演を迎えるわらび座の新作劇の一場面
6日、初演を迎えるわらび座の新作劇の一場面

 劇団わらび座(秋田県仙北市)の新作ミュージカル「空!空!!空!!!~秋田を、日本を飛び回った女性飛行士・及位(のぞき)ヤエ物語」が6日から、同市田沢湖のあきた芸術村・わらび劇場で始まる。三種町出身の女性パイロットが主人公の物語で、新型コロナウイルスの影響による3回の公演延期を経ての開幕となる。

 当初4月11日が初演の予定だったが、新型コロナの影響で同25日に延期。その後、感染拡大や県の休業要請を受けてさらに2回延期し、6月6日が初日に決まった。上演に際しては、検温や消毒の実施のほか、密集を避けるため劇場(約700人収容)の入場者数を100人に制限する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 580 文字 / 残り 300 文字)

秋田の最新ニュース