男鹿のアジサイ寺、観覧は県内客のみ 感染予防し実施へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
境内のアジサイを手入れする古仲さん
境内のアジサイを手入れする古仲さん

 「アジサイ寺」として人気の雲昌寺(うんしょうじ)(秋田県男鹿市北浦北浦)は、今シーズンの観覧期間を13日から来月19日までとし、新型コロナウイルス感染防止対策を取った上で原則、県内客のみ受け入れることを決めた。夜間のライトアップと観覧は中止する。

 雲昌寺は約1500株の青いアジサイが境内を彩る風景が会員制交流サイト(SNS)などで話題となり、昨年は県内外から5万人以上が訪れた。アジサイは、副住職の古仲宗雲(しゅううん)さん(50)が「地域を元気にしたい」と15年ほどかけて増やした。

(全文 724 文字 / 残り 480 文字)