「令和婚」で5月の婚姻数2倍 19年県内、11年ぶり増加

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 2019年の秋田県内の婚姻数は3161組で、11年ぶりに前年より増加した。元号「令和」が施行された5月の件数が前年に比べ大きく増えており、県は改元による「令和婚」が影響したとみている。

 19年5月の県内の婚姻数は497組で、前年同月の221組の2倍超に上った。例年婚姻数が多い傾向にある11月は、396組で前年よりさらに86組多かった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 486 文字 / 残り 317 文字)

秋田の最新ニュース